イボ

なぜ?首にイボができる本当の原因!!

『首のイボはなぜできるのか?』

そして『なんとかできるのか?』と色々お調べではないですか?

ここでは、首のイボを根本的な視点から原因を解説しています。

なので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

そもそもイボは寸法によって名称がある!

一般的に考えて“首イボ”と称されていますが、首だけに限らず、脇の下、胸、脇腹、鼠径部(そけいぶ)であったり、皮膚の薄い所にできやすいのが特徴です。

イボは皮膚の線維や脂肪からなります。正しくは、イボの大きさに伴って言い方が変わって、2~3㎜で多発することが多いものを“アクロコルドン”または“スキンタッグ”と言います。

単発でそこそこ大きなもの(直径約1㎝)は“軟性線維腫”。軟性線維腫がどんどん大きくなり、皮膚面から垂れ下がるようになったものを“懸垂性線維腫”といいます。

次よりもう少し詳しく解説していきます。

 

イボの種類はどれも同じなの?

原因が数多くあることから、イボの種類もいくつかあります。

 

・アクロコルドン

皮膚の柔らかな首や胸元にできやすい。3mmくらいの盛り上がりはない小さなイボ。色は肌色で人の目にとまらない。

 

・スキンタッグ

首周りにでき易いが、汗をかくところに多数発生。肌色、茶色、黒ぽい色で、小さめ。

 

・老人性イボ

顔、体いたる所に発生。紫外線に当った場所に出来やすいのが特徴。痒みがあるケースもある。シミ、ほくろと間違いがち。

 

・軟性繊維腫

5㎜を超え、1cm以上になってしまうこともある。首よりも体にできやすい。目立ちやすくて増大する。

 

・懸垂性繊維腫

軟性繊維腫と比べて大きく垂れ下がっている。遺伝説もあり。 ほとんどのケースでは良性のようですが、やはり、気になり始めればキリがないです。首のイボは増加することがあっても減ることはまずないです。

自分の首のイボのタイプはどの原因で、どんな種類かを理解して、それに応えられるケアをしたいものですよね。

当然、病院でも首のイボの治療は行っていますが、人にバレないように自宅で簡単に出来る方法なら、首のイボ用のお薬やケア商品が出ていますので、それらを用いてみるのもおすすめです。

 

➡『首イボの正しい取り方を自宅でやってみた結果がすごい!』のページへ

 

イボ(首も含む)主な原因

『更年期を過ぎた女性や、肥満者に多発』

このケースのイボは良性の腫瘍で、ひとつだけできるケースもあれば、数限りなくたくさんできるの可能性もあります。

皮膚の老化、あるいは体質によってできるもので、アクロコルドンは早い人なら20歳前後から発生。しかし、多くは30歳以降に発生し、老化と共に増えていきます。

特に、更年期を過ぎた女性や、肥満者に多く確認されることが多いのですが首イボ自体は良性の腫瘍ですので、他人に感染する恐れはないです。

そして体質や、皮膚の老化によって出来るのですが、アクロコルドンの発生はじつは20代の方でも油断禁物です。 その理由として、肥満が影響しています。

肥満体質の方は比較的首イボができやすいことから、肥満も首イボの原因とされているのです。

皮膚がたるんだり擦れたりすることで、刺激となり皮膚が角質化しやすくなります。

 

肥満による新陳代謝の低下によって、身体の解毒作用がきちんと機能しなくなることによる影響もあると言えます。

なので、インスリンやコレステロール・中性脂肪などが高い数値になる可能性もあり首イボだけに限らず、わきや太ももの付け根にも発生し、大腸ポリープや糖尿病が生じる原因にもなりますので注意してください。

 

『服や下着による摩擦が原因の場合も』

イボのできやすい場所が、首まわりや脇の下、胸、横腹、鼠径部など、服や下着、動作による摩擦が起きやすいところ。なので、擦れる刺激が原因だとされています。

とくに首回りは服などでお肌がこすれることがあり、この摩擦による刺激で首イボができることがあります。

ハイネックの洋服やアクセサリーとの摩擦が刺激となって、イボができやすくなると考えられます。

対策として、首イボを刺激しないようにエリ付きの洋服を控え、刺激を受けるアクセサリーなどもできる限り控える方が良いでしょう。

 

『お肌の大敵、紫外線はイボの原因にも関与!』

紫外線は肌にダメージを及ぼす、大きな老化原因です。

シミが拡大して首イボになることもあり、一定量を越えたダメージがイボが生じるといわれています。

また、強い紫外線を浴びた後から多発することがあり、体が疲労して新陳代謝が低下することによって、肌のターンオーバーを乱すことも原因といわれます。

 

『稀にウイルスが要因の場合も』

稀にですが首に小さな傷が見つかった場合、ヒトパピローマウイルスという感染性ウイルスが、小さな傷口などから皮膚に入ってくることによって感染し、首イボになるケースがあります。

ウイルス性のものは、放っておくとあっという間に繁殖し拡大します。また、人から人へ、首から足の裏などへ感染していくのでお気をつけください。

またイボやホクロの中には、皮膚がんなど要注意なものもあります。

 

**次に当てはまるかチェック**

  • 急に大きくなる
  • 出血する
  • 黒や茶色など、いろいろな色がつき始める
  • 直径が7㎜以上

上記いずれかに当たるようでしたら、すぐに皮膚科を受診しましょう。

特に、直径が7㎜になると、悪性である確率が高まります。

皮膚良性腫瘍である軟性線維腫は、直径が1㎝程度。

自力で良性か悪性かを確認することはできないので、皮膚科医に診てもらってくださいね。

 

首イボに効果的な薬について!!

首のイボに効果的な薬についていろいろお調べですか?

「首イボ」に効果がある薬には、内部からイボを消し去っていくための内服薬タイプのものと、物理的にイボをはがす軟膏タイプの2種類があるんですよ。

それでは詳しく解説していきますね。

 

内服薬での「首イボ」治療

薬を服薬するケースだと、皮膚が作られる最下層「基底層」の状況を整えて、角質層へ正常に排出されるまでターンオーバーを後押しして深層からお肌ごと整える原理でイボを消していきます。

想像以上に長期戦で常に行うものですが、ターンオーバーを適正にすることで「首イボ」だけではなくニキビやシミ・シワなどの肌荒れを総合的に治していくことが出来ます。

効果には個人差が見られ、人によってはかなりの長期戦になってしまうことがありますが、このやり方なら再発があまり無くなります。

薬と同時に、「首イボ」除去に効果の高い化粧品が多く作られているので、合わせて使うと更に早く治療することが可能です。

 

軟膏での「首イボ」治療

軟膏を利用して除去するケースでは、古くなった角質粒にピーリング効果のある薬を塗ってポロポロとはがしていくタイプのものがあります。

ピーリングをするタイミングで、古くなった角質層が頬からポロポロと気持ちよくとれるあの現象を「首イボ」に対しするのです。

再発防止のためにピーリング後は絶対条件として保湿ケアをやりましょう。

これらの薬と同時に、「首イボ」除去に効果のある化粧品が多く開発されているので合わせて使うと更に早く治療することが可能です。

 

成分によって異なる治療薬の種類

「首イボ」治療の薬といってもその数というと色々あります。

薬とひと言で言っても、厚生労働省が認可した怪我・病気の治療を意図する「医薬品」から、症状の緩和や予防を目的として厚生労働省が認可した成分が一定の量で使われている「医薬部外品」、または美容のために開発された効果がとても穏やかな「化粧品」と分かれます。

医薬品を利用する場合は、一度皮膚科医に相談してから指示を仰いだ方が安全面としては安心です。

相談によっては受診時に処方して頂けます。 医薬部外品または化粧品の場合に重要だと考えるのは、自分自身の再生・維持能力です。

自分の回復力を助けながらの「首イボ」除去であるので、イボの状態と体調によりかなりの長期的治療をしないといけないのですが、副作用も少なくカラダに負担の少ない治療を行う事が可能です。

全体が間接である首はとにかくイボができやすく、可能ならば早急に多くの軟膏を使って除去してしまいたいところですが、首の皮膚はとても薄くナイーブなのでくれぐれも無理は避けるべきです。

多彩な薬が開発されていますが「首イボ」の状態とご自分のペースにあった治療薬に決定するのがベストです。

 

首イボに効果ありの「ヨクイニン」

「首イボ」に効果があると聞くと必ず耳にするのが「ヨクイニン」というネーミングです。呼び方だけ聞くと医薬品という感じがしますが、その正体は「ハトムギ」というものになります。

「ヨクイニン」という名前はハトムギの生薬の呼び名で元々はハトムギという名前は明治時代に入ってからいわれるようになった呼び名です。鳩がおいしそうに食べるから「ハトムギ」というようになりました。

なので成分表に「ヨクイニン」と表記されていない際、「ハトムギ」と表記されていればヨクイニンと同じ効果がもらえると考えて問題ないです。

「ヨクイニン」の中には「首イボ」だけに限らず皮膚の異常に対して適正な成分が凝縮されています。

新陳代謝を促し、細胞を生成・維持することに必要なビタミンとミネラルが豊富に入っているため古来から薬草として愛用されてきた心強い植物エキスです。

皮膚科から処方される薬もほとんどはこの「ヨクイニン」内服薬が多いです。

「首イボ」を治したい人には要チェックですので、化粧品を買う際は「ヨクイニン」が含有されているものをおススメします。

上記の成分を参考にしながら、「首イボ」治療に効果的な薬・化粧品を口コミと一緒にご紹介します。

 

クリック(タップ)⇒首イボに『すごくいい』と評判のクリームランキング

 

薬局で買える首イボの市販薬について

首イボの薬は皮膚科に通わなくてもドラッグストアでも手に入ります。

上記で説明しましたが、首イボの薬と言っても外部から首イボを除去する「軟膏タイプ」の薬と、体の内部からアプローチする「内服薬」の2種類の薬があります。

薬局で手に入る軟膏タイプの首イボの薬 首イボは、蓄積された古い角質が突起した角質粒になりますので、「ピーリング効果」の高い塗り薬をつけてあげることでイボを取り除くことができます。

ピーリングを行ったことがある人でしたら理解していると思いますが、古い角質がポロポロと剥がれ落ちるあの間隔で首イボを剥がしていきます。

すぐに取れるとなるのは無理ですが、何回も繰り返し塗布することで自然と首イボがポロっとめくれ落ちています。

しかし、首イボは再発しやすくなってしまうため、首イボ除去後はしっかりとスキンケア対策をしてこだわった保湿ケアをやるようにするといいでしょう。

市販薬の軟膏を使用して首イボ除去を行う場合は、保湿効果抜群で肌の新陳代謝を良くし、ターンオーバーを促進させてくれる効果のあるイボ予防にも効果的なオールインワンジェルを活用することをおすすめします。

首イボ除去後は再発の確率が非常に高いので、こういったイボに効果的な成分「ヨクイニン」が配合されたイボ専用化粧品の使用によって首イボの再発を防ぐ事が出来ます。

薬局で手に入る内服タイプの首イボの薬 首イボを内服薬で除去することも可能で、このケースでは肌内部から直接首イボにアプローチしていくかたちとなっています。

皮膚の最深部である真皮層に影響してお肌のターンオーバーを促すことで、お肌の生まれ変わりを促していきます。

なので、首イボだけではなく「シミ・シワ・たるみ・ニキビ」等の肌の荒れにも効果的で、トータルで肌に対する問題を解消することが出来ます。

ただし、内服療法については効果の表れ方には個人差があり、長期戦になることが多いためそれなりの覚悟が必要です。

その代わり、ターンオーバーの正常化に結び付きますので、首イボの再発予防にも効果を見せてくれます。

 

首イボの治療薬の種類はどれを選ぶべき?

首イボに効果的な治療薬と言っても種類は1つだけではありません。

まず薬には「処方薬」と「市販薬」があります。処方薬は皮膚科等の病院で処方箋が要求される薬で、市販薬はドラッグストア等の薬局で誰でも簡単に手に入れることができる薬になります。

ちなみにネット通販等でも気軽に入手できるのは「第3類医薬品」の薬になります。

医薬部外品に対しては、誰でも簡単にネット通販でも手に入れることができます。 そして、これら市販薬ほどの効果には期待できませんが、イボ取り効果があり副作用のリスクが全然無い「化粧品」があります。

基本的にドラッグストアで医薬品を手に入れるときには、薬剤師に症状を説明してその薬の効果効能や使い方、副作用のリスク等の説明を受けることが必要です。

医薬部外品や化粧品の場合は副作用のリスクが低くなりますので、薬剤師等の説明は不要になります。

医薬品に主張できることは効果が高い分副作用のリスクが大きくなると言うことです。

ただし、医薬品の中でも第3類医薬品というのは副作用の心配をする必要はあまりありません。

注意すべきは第1類医薬品や第2類医薬品になります。 医薬部外品や化粧品に言えることは、効果が低い分継続する必要があると言うことです。

代わりに副作用のリスクが無いので信頼して安全に首イボを取り除くことが出来ます。

首イボは見た目が悪く老けて見えますので早く取ってしまいたいと言う気持ちは理解できますが、安全面で言いますと医薬部外品のものや化粧品を選ぶべきではないでしょうか?

特に首回りの皮膚は柔らかくデリケートとなるので、市販薬の軟膏を塗って肌トラブル等起こしてしまう心配もあるので注意が必要になります。

女性は敏感肌や乾燥肌で悩まれている人も多いと思いますので、余計に肌荒れが心配になりますね!

早く首イボを取りたいからと言って、ばたばたするのは良くないと思います。

時間は必要ですが、首イボができて間もない小さなケースでは、無理せずイボ取り効果の高い「ヨクイニン」を配合したイボ専用化粧品で、スキンケアしながらゆっくり除去する方が安全だということです。

 

首のイボは皮膚科が正解?治療はなにをするの?

イボ治療といえば皮膚科を思いつくかもしれないのですが、何科にいくのが適正なのでしょうか?

顔、首、背中、わきの下にできるイボ。 ブラのアンダーのあたりやウエストラインににもよくイボができます。

体のイボは後に回すことでも、首などは服で隠れずに見える所は何とかしたいものです。

一体そんな場合は、何科に行けばイボを除去することが出来るのでしょうか? 皮膚科にいくべきなのでしょうか?

 

首イボ、まずは皮膚科に!

皮膚科に行くと、どんな種類の首イボか、また感染性はあるのかという点など、一通り検査します。

人それぞれの首イボにあった治療法をおススメしてくれますが、では、その治療費用は果たしてどれくらいかかるのでしょうか。

じつは首イボを治療する時に、保険診療ができるものと保険がきかず自費診療になるものがあります。

どちらかに決定するかによって治療費が全然違います。

 

保険診療可能な治療の費用は?

首イボを保険診療できる治療は、液体窒素を用いる方法です。

液体窒素で首イボを凍結させて、一種のやけどを引き起こした状態にして、かさぶたにして治療するのです。

保険診療なら、かかった費用の3割を自己負担します。

はじめて診察を受ける際では初診料も加算されます。 また、どのような首イボか判断するために検査したなら、検査料金が加算されることもあります。

首イボの数や種類によって差異はありますが、その治療費は5000~8000円程度となります。

首イボの数が多く、一度の全部治療不可能だったなら、また再診することが必須であり、そのようなケースは初診料や検査料を除いた治療費を支払わないといけません。

 

自費診療になる治療方法の費用は?

首イボを自費診療で治療するケースは、レーザーで照射して治療する方法があります。

自費診療の際は、病院側がその治療費を定めることが出来ます。

はじめに治療費の説明がありますが、首イボ1個当たりの治療費はいくらと決まっている所もありますし、首イボの広がる面積によって治療費を設けている所もあります。

レーザー照射をするなら、大体1個が約2000円程度です。

料金は掛かりますが、レーザーのケースでは傷跡が残りにくいというメリットがあり、人気のある治療法です。

もし、治療費が高くて治療を迷うという人は、いくつかの皮膚科で診てもらって、治療費の比較をして決定すると安心できると思います。

また、痛みに敏感な人は、レーザー照射の前に麻酔を活用することもあり得ます。

レーザー照射をした後、お肌にトラブルなどが起きた場合、病院から軟膏が処方されることもあります。

その麻酔や軟膏などの治療に関わるものも治療費も加算されるため、すべての首イボを自費診療で治療するケースだと、数万円掛かるのではないでしょうか。

 

首イボを自宅で自分で取ることは可能なのか?

ここまで、ざっくりとですが治療と費用について解説してきました。

さて、気になる首イボ・・「自宅でなんとかしたい!」と考えたことはないですか?

もし、少しでも興味があるなら次のページをぜひ参考にしていただければ幸いに思います。

 

➡『首イボ』の正しい取り方を自宅でやってみた!のページへ

 

首イボは老化現象?老化のスピードを緩めるポイントは?

首イボは殆ど加齢と共に増える傾向が強いことから「老化現象」のひとつと理解されることが多いものです。

だとしても、突然ポツポツとできはじめ増えてしまうため何か他の病気なのでは?と不安になり、「老化現象」が原因だと聞いてむしろ安心する人がいるのも事実です。

もちろん、老化現象と一概に言っても今までの生活習慣や体質的遺伝なんかもあります。

 

必然的に首イボはできやすい人とそうでない人がいる

いずれも年齢を重ねていても、農業などで長年紫外線にさらされていた方とスポットライトしか浴びたことのないような女優さんではお肌の質が全く違います。

紫外線に長年当たってしまった皮膚はやっぱり老化が進んでしまい、歳よりも老けてみられがちです。

首イボを老化現象だ!と済ましてしまう前に、しっかりとした紫外線対策と保湿を意識しましょう。

また首に限ってできるわけではないですが、皮膚の老化が大きな原因となってできるイボもあるのでおさえておきましょう。

 

老化現象によるイボ、老人性疣贅・脂漏性角化症

首イボの種類は、アクロコルドンやスキンダック、軟性繊維腫などが多くみられますが、老人性疣贅や脂漏性角化症とされているイボもあります。

外見上は皮膚がんのように見えるかもしれないけれど皮膚の良性腫瘍の1個です。

「年寄りイボ」などともいわれ、その名前の通り加齢によるターンオーバーの乱れと紫外線のためにできるイボで、80代ともなればほぼ全員にできるとされています。

手のひらや足の裏以外にはどこにでもできるという特徴も見られます。

老化とともに、代謝は悪くなるので皮膚も老廃物が蓄積してしまいがちになり、古い角質も溜まってしまいます。

これが影響してイボへと変化していくと考えられているので、若いうちから出来る人は代謝が悪い傾向が高いとも考えれらます。

沢山の方にできるイボとは言え、伝染らず、体に害を及ぼすことさえないので放っておく高齢者が多いのも現状です。高年齢になるとそれ程ビジュアルを気にしなくなる傾向にあることも、放置されがちな要因といえるでしょう。

また、あくまで皮膚の老化現象が原因の一つなのですが、若い人にもできることがないわけではないです。

まだ20代で、「皮膚の老化現象ですね」と診断されてしまうとハードかもしれません。数の少ないうちにお手入れしておけば、早い段階でイボを取れますのでポジティブにいきましょう。

 

老人性疣贅・脂漏性角化症のおもな特徴

老人性疣贅・脂漏性角化症と二種のネーミングで書いていますが2つは同じ症状のイボをさします。

顔や頭、首など身体全体にできるイボであり、最初は1ミリくらいで小さいのですが放っておくうちに徐々に大きくなります。

特に紫外線を多く浴びていたところにできやすく、老人性のシミと伴ってできる割合が高いのも特徴です。

形は平らで老人性のシミそのもののようなものから、隆起したイボのようなものまでさまざま。

また色も周りの皮膚と同色のものから淡い褐色、黒色までとかなりの色があります。

 

この種のイボは、若いうちからきちんと保湿をし紫外線対策をすることで、高齢になって発症するのを和らげることができます。

つまり、皮膚の老化をすすめないように意識しておく必要があります。

 

お肌の老化現象をゆるやかにしよう!

お肌の老化現象を発展させてしまう要因のひとつに「酸化」が見られます。どんどん老化現象がすすみ、首イボだらけになる前にきちんと「酸化」についても覚えておきましょう。

 

・お肌の老化減少防止は紫外線がカギ

首イボの予防にも紫外線対策が必須であることは述べてきました。

UVAと言われている紫外線は、窓ガラスや雲もすり抜け、みなさんの皮膚の奥底にある真皮まできます。

このUVAを抑止するために活発化するのが「活性酸素」。

本来は、活性酸素は皮膚を紫外線から防護する働きをしていますが、攻撃力が強烈過ぎるために他細胞までも酸化させてしまうわけです。

そして、その酸化を防ごうと働くのが「メラニン色素」。

このメラニン色素は活発化することで、私達の皮膚にはシミやシワができたり、お肌本来の力も弱めてしまうのです。

 

・脂質の摂り過ぎに注意

活性酸素によってカラダ中のコレステロールや脂肪が酸化すると過酸化物質に変化します。

過酸化物質は体内のDNAを傷つけ、がん発症の原因を起こしたり動脈硬化の原因にもなりえます。

そして、お肌にもシワやシミをつくるという悪影響をおよぼします。つまり、乾きやすくなったりするためイボもできやすくなると考えられます。

 

・お酒、タバコ、添加物も老化の原因に

お酒は、飲むとアセトアルデヒトという有害物質に体内で変化しています。

このアセトアルデヒドは有害なので、また活性酸素が大量発生する事態になります。

タバコは、100兆もの活性酸素を引き起こすともいわれる大有害なものです。まさに百害あって一利なし、と言いますのはうそではないのです。添加物も体内に入れば有害だとみなされます。

つまりは活性酸素は大量発生してしまうので、やはりお肌の老化現象をあおるものと考えてよいでしょう。

 

・ストレスは老化現象も促進する

上記では暮らしのなかでの習慣により体内に入れることで活性酸素を発生させ老化をすすめるものについて書いてきました。

ですが、忘れてならないのがストレスです。 私たちはストレスがもたらされると「副腎皮質ホルモン」と呼ばれるホルモンを分泌します。

このホルモンが分泌され分解されていくと、このケースでも活性酸素が増えてしまいます。

そしてストレスは抗酸化作用を持つビタミンCを大量に消費してしまうため、幾らでも体内のビタミンCが減って、カラダは酸化していくのです。

こう見てみると、日常の中に活性酸素を大量発生させてしまうポイントは非常に多く、私たちのお肌の老化現象は意識しなければどんどん進展する一方です。

首のイボが老化現象ならば、酸化もくいとめ活き活きと生活してみるのも重要なのではないでしょうか?

また、酸化を防げば健康維持にもなるはずですので、どうぞ頭の片隅に意識しておいてください。

 

老化現象というフレーズ・・あきらめないで!

現実的に年齢を重ね、首イボが気になり診断を受けて「老化現象ですね」といわれると、「ああそうなのか、もうそこまで歳なのね」とそのまま飲み込んでしまう人も相当います。

人によってまだ30歳台なのに、「こういうものか」とイボすら受け入れてしまう時もあるんだそう。

そして害がないのなら無視してもいいかなと安易にとらえる人もいます。まだまだ諦めてはいけません。

お肌の老化現象も、ご自身の意識やケアにより少しずつスピードを緩めることが可能なのです。

あきらめずにきれいな肌を取り戻していきましょう。なぜなら何歳になっても、周期は長くなってもお肌はターンオーバーし続けているから。

お肌へは老廃物をためないように、角質化させてしまうことがないよう、しっかりとピーリングケアしたり保湿は怠らないことがイボの出来にくい代謝の良いお肌づくりのルールです。

 

気になる首イボに『すごくいい!』と評判のクリームランキングのページへ

 

自分が孫を持つような歳を迎えたとき孫にも「おばあちゃんかわいいね」、くらいに、はたまた「おじいちゃん、かっこいいね」と言ってもらえるように若いうちからも十分にケアしておくことが必要です。

お肌のしくみとイボの出来る原因をきちんと知っていれば、老化現象に負けてしまうことはありません。

首イボはうつる?感染させないために覚えておきたい種類と予防

首のイボは微妙に広範囲に広がるケースがあります。 若い時にはあまり気になることがない首のイボは、年齢とともに増えることがほとんどですよね。

この首のイボはうつるものなのか?と懸念する方も多いはず。

また家族や恋人など、『身近に首イボができている人がいる』『銭湯やプールで感染るかも知れない不安』といった 首イボが感染する心配をしている人は、自分ができているのではなく「うつされたくない人」ではないでしょうか。

イボの種類について知識がないために、イボは感染るものだと信じ込んでいるのではないでしょうか。

 

イボには「うつるイボ」と「うつらないイボ」がある!!

そこで早速ですけれども気になる首のイボの種類と予防対策を見ていきましょう。

 

加齢からくる首のイボ

首のイボはうつるタイプとうつらないものがあります。

一番多い首イボのタイプが加齢が原因でできる「老人性疣贅」といったもので、スキンタッグともいわれることがあります。

この首のイボは良性腫瘍なので体に害を加える悪いものでなく、うつるリスクもありません。

加齢と共に皆さんのお肌の細胞は働きが減少し、古い角質層が良くはがれず表面に残ってしまうことが増します。

するとお肌のくすみ原因や、皮脂の分泌がアンバランスになるなど様々な栄養をおよぼしてしまいます。

加齢が原因のイボは皮膚が薄いあたりにできることが特徴で、特に首というのはその中でも多い場所の一つ。

顔や腕、背中、手の甲にもできることもあります。 お肌は老化すると皮脂腺の働きも安定しなくなりますので、角質層と脂肪が固まってしまうイボもあり、30代以降になると少しずつイボの数も増えてしまいます。

 

感染の恐れがあるウイルス性のイボ

首のイボでうつる事が有り得るものがウイルス性のタイプ。 「尋常性疣贅」といったイボは、皮膚の表面の傷からヒトパローマウイルスと呼ばれる菌が侵入して突起状のイボが生じてしまいます。

指で触るとさらにイボが大きくなり症状がひどくなったり、他の人にもウイルスがうつってしまうケースもあります。

これほどの危険なイボは自分でチェックすることができませんので、急にできたイボや痛みを伴うなど不快な症状がある場合は医療機関で診察することが大切です。

 

首のイボの予防対策方法

ウイルス性の首のイボはうつることも想定されますが、通常は加齢によるケースが多く自分でケアすることが可能です。

はじめは一つだけだった首イボが気が付くと首全体や胸まで広がっていることがありますよね。

そうなる前に試したいのが首イボの予防対策。 首イボは乾燥がちな肌の方にできやすいと言えますので、普段からの保湿ケアを意識しましょう。

顔のスキンケアはこまめにしても、首のお手入れはついつい忘れがちになりますよね。

首イボケアのクリームを使い、日頃からマッサージをすることや、低刺激のクリームを使って行う首イボの予防ケアを推奨します。

またお肌が外部から刺激を受けると皮脂の分泌が活発に陥ることが多くなります。

皮脂が固まりイボになるの可能性もありますので、紫外線を浴びないように日焼け止めを使う事や、剃刀でお肌を傷つけないなど日頃からデリケートなお手入れに気を配ると良いでしょう。

もちろんお肌を清潔にすることは、雑菌予防にも大切。 首はシワやたるみができやすい所なので、丁寧にきちんと洗いましょう。

首のイボはうつるタイプもあり得ますから、心配なときは皮膚科で相談してください。

また日常の肌のお手入れは健康なお肌環境つくりにも重要ですから予防対策も心がけて下さいね。

 

首のイボをきれいに取るには?

気になったあなたにオススメのページ↓↓↓

クリック(タップ)⇒『首イボの正しい取り方』のページへ